審級制度を学ぶ:最高裁判所

日本の裁判制度は三審制を採用しています。

この三審制とは、第一審である最初の裁判の判決が不服であれば、上級審である第二審、第三審まで上訴して裁判を受け直せることで、同一の訴訟について計3回の裁判を受けることができるようになっている、というものです。

これは、一度だけの裁判で決してしまうことによる誤謬を避けて、裁判の慎重さと公正さを期するために設けられている制度です。

この際の第二審への上訴は控訴と呼ばれ、第三審(最終審)への上訴は上告と呼ばれています。

このために、日本の裁判所には簡易裁判所、家庭裁判所、地方裁判所、高等裁判所、そして最高裁判所の5種類のものが設けられており、それぞれ簡易裁、家裁、地裁、高裁、最高裁と略称されているのですが、その第一審が簡易裁判所、家庭裁判所、地方裁判所である場合によって、この三審制にもとづいて、それぞれに上訴される上級裁判所が違っているわけなのです。

この上訴を行う際の上級裁判所の順番のことを審級といい、この順番を定めている制度が審級制度というものなのです。

これによって、第一審が簡易裁であれば、第二審は地裁か高裁で、第三審はそれぞれ高裁か最高裁となり、第一審が家裁か地裁であれば、第二審は高裁で第三審は最高裁と一意に決まっている、という進級になっているわけなのです。

コメントを受け付けておりません。