審級制度を学ぶ

日本国憲法を頂点とする各種の法律により、私たちは裁判を受ける権利を保障されていますが、たった一度の裁判を受けただけですべてが決されてしまうようなことがないように、同じ事案について複数回の裁判を受ける権利があります。
これを審級制度と言い、日本では3階級の裁判を行う「三審制」が採用されています。
裁判所の種類は、簡易裁判所、家庭裁判所・地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所の5種類・4階級に分かれているため、どんな種類の裁判なのかによって、どの裁判所で審議を受けるのかが決まっています。
日本では三審制が採用されているため、最初の裁判での判決を当事者が不服とした場合には、判決が確定するまでに上級の裁判所へ上訴することができ、合計3回までの審理を受けることができます。この制度は国民の基本的人権の保障を目的とするもので、慎重・公正な判断をするために行われています。
同じ訴訟事件を上位の裁判所でもう一度審議することで、同じ訴訟事件を違う裁判官がもう一度審理することを保障し、ひとりの裁判官の見方だけで審議が決することがないようにしたものです。
普段の生活ではあまり裁判との関わりを意識することはない人でも、自分自身が当事者となった場合には、人権を保障するためのこうした制度があることを思い出してください。

コメントを受け付けておりません。