審級制度を学ぶ:家庭裁判所

日本の訴訟事件におきましては審級制度が設けられています。審級制度とは、裁判で出た判決に対して不服がある場合に異なる階級の裁判所で再び審議が出来るのですが、その審理の順序を定めた制度であります。
この審級制度を学ぶ上ではまず日本では3つの階級の裁判所で審理を受けられる三審制があることを理解しておかなければいけません。三審制は判決の誤りを防ぎ公正な裁判を目的とするための制度であります。家事事件や少年事件では最初の第一審を家庭裁判所で行うのですが、その判決に対して原告もしくは被告が不服を申し立てれば控訴して第二審の高等裁判所での審理に進みます。さらに第二審の高等裁判所での判決に不服がある場合は、上告をして第三審の最高裁判所での審理に進みます。
最高裁判所は憲法違反の有無の判断を下すのですが、この三審制においては第一審の判決後に第二審を飛ばして直接第三審の最高裁判所への審理に進むことも可能です。第一審の審理で原告被告双方に事実関係の認識に相違点がない場合は、双方の合意の下第二審を飛ばして第三審の最高裁判所での憲法違反の判断のみを行い最終決着となります。これには双方にとって経済的負担や時間的負担を軽減できる利点があります。

コメントを受け付けておりません。