審級制度を学ぶ:地方裁判所

ほとんどの刑事事件の第一審、そして一般人が裁判に参加する裁判員裁判は地方裁判所で行われます。日本の裁判は三審制なので、地裁の判決に納得出来ないという場合は、弁護側も検索側も控訴することが可能ですが、地裁の判決は第一審だから軽く扱われるということはないので、高裁でも最高裁でも地裁の判決をそのまま支持するということも少なくありません。
地裁の第一審は、最初の裁判ということで、非常に時間をかけて行われます。それだけに、控訴や上告をして、地裁の判決を高裁や最高裁で変えようとするのは非常に大変です。たとえば、被告側が無罪を主張している事件で判決が有罪となった場合、新しい証拠や証言がない限り、高裁に控訴しても無罪になる可能性は低いです。逆に、地裁で無罪判決が出た場合でも、やはり検察が新しい証拠を出さない限り、高裁で有罪判決が出る可能性は低いです。それだけ、十分に審議された地裁での判決は重みがあるということです。
ただ、地裁での判決が高裁でも指示されて、最終的に最高裁で争われることになった場合、最高裁がもう一度高裁で審議をやり直すようにという判断を下す場合もあります。また、最高裁が逆転判決を下すケースもあります。

コメントを受け付けておりません。